葬儀の正式な服装とは

女性が葬儀に参列する際、もっとも注意しなければならないものが、アクセサリー、メイク、髪型になります。ご遺族の気持ちを考え、派手なアクセサリー、派手な髪型、派手なメイクは避けなければなりません。アクセサリーは、結婚されている方は結婚指輪を、首元にはパール、ブラックパールのネックレス程度に抑えておきましょう。ちなみに、正式な服装は、黒のワンピース、もしくは上下黒のスカートスーツ、パンツスーツになります。ストッキングの色はベージュ、または黒、靴、バッグは黒が基本になり、ハンカチは白になります。

男性の場合は、上下黒のシングルスーツ、もしくは、ダブルスーツが基本になります。ワイシャツは白、ネクタイと靴下は、黒になります。和装の場合は、男性、女性ともに、黒喪服、一つ紋、もしくは三つ紋付きの地味な色無地になり、帯、履物、バッグすべて黒になります。

では、夏の暑い日に葬儀に参列する時の服装についてですが、どんなに暑い1日でも、ブラウスにスカートの軽装はマナー違反になります。ジャケットを羽織るのが辛い時は、黒のブラウスに黒のスカート、または、半袖のワンピースを着用しましょう。葬儀のお手伝いをする場合は、白のブラウスに黒のスカート、もしくは黒のパンツでも構いません。

続いて、冬の寒い日に葬儀に参列する時の服装についてですが、女性の場合、コートを着用する場合は、黒、グレー、紺等の地味な色合いのコートが望ましいですが、用意できなければ、葬祭施設に入る前にコートを脱ぎ、持参した手提げバッグ等に入れてから、式場に入ることをおすすめします。

雨が降る、雪が降る等、天候が悪い時は、レインブーツでも構わないと言う式場も少なくありません。ですが、雨や雪で汚れた靴で式場に入るのは失礼にあたります。できれば、葬儀会場で履く靴、パンプスを用意してから出かけましょう。

悲しみに暮れているご遺族に対し、不快な思いをさせる服装を着用して出かけることはマナー違反になります。髪型、メイク、爪先、服装、足元まで、十分に確認してから出かけることをおすすめします。