葬儀に持参する香典のあれこれ

葬儀に参列する際、絶対に忘れてはならないものに香典があります。香典は、本来は故人のご遺族に対し、葬儀等にかかる経済的な負担を少しでも助けたいという気持ちから考えられたものになり、その地域ごとに様々な決まりごとがあります。ちなみに、香典とは、お線香、花の代わりに、故人のご霊前に供える金品のことになり、香料とも呼ばれております。

故人のご家族から連絡を受けた後、お通夜、もしくは葬儀に参列する際に持参するものになります。一般的な仏式の場合の香典について、説明します。まず、香典ののし袋ですが、黒白の水引のものを用意します。表書きは、上段中央にご霊前、下段中央には名前を書きます。故人の家の宗教に合わせたものを用いるのが一般的となっておりますが、不明な場合は、御香典、御霊前でも問題ありません。表書きを記入する際は、薄墨タイプの筆ペン、サインペン等を使い、たおやかに書くことをおすすめします。

会社の同僚の葬儀に参列する場合、勤務先の上司や同僚等、2~3名の連名で香典を包むことがあります。その際の表書きには、代表者、または上司の名前を中心に、そのやや左側に1~2名の名前を並べて書きましょう。ご夫婦の場合は、中央に旦那さまのフルネームを書き、左側に奥さまのお名前のみを書くのが、正式な書き方になります。

続いて、香典に入れる金額についてですが、金額は故人との付き合いの程度によって異なります。ご両親の場合は5万円~、親戚の場合は1万円~、勤務先の同僚の場合は5000円~、ご近所の方の場合は3000円~が一般的な金額となっております。

お金を入れる内袋に、住所、氏名の記入欄がある場合は、筆ペン、ボールペン等で丁寧に分かりやすく書いておきましょう。葬儀が終わった後、ご遺族が香典を整理する際に大いに役立ちます。

では、最後に、お金の入れ方についてですが、お札は向きを揃え、裏向きに入れましょう。新札を嫌う人もいらっしゃいますので、新札しかない場合は、一度中央で折り、使った後が分かるようにして状態で中袋に入れることをおすすめします。