お通夜と葬儀の服装の違い

葬儀に参列する場合、着用する服には男女それぞれにしきたりがあり、どんな服装でも良いでもわけではありません。お通夜の服装は、葬儀に参列するよりも柔軟な対応が可能なため、仕事帰りのまま、または連絡を受けた時のままの服装でも構いません。

なぜ、お通夜での正式なブラックフォーマルの着用が避けられるのか。それは、急な連絡なのに、正式なブラックフォーマルを着用してお悔やみに来るのは前もって用意していたのではないか、こんな風に勘違いされることを避けていたためになります。近所付き合いが盛んだったころ、相手の気持ちを最優先に考え、敢えて、葬儀用のブラックフォーマルを着用せず、地味目な服装に身を包み、お悔やみに行くのが通常でした。しかし、昨今、女性もフルタイムで働くようになり、葬儀に参列できない人が増えてきたことから、お通夜の席でも正式なブラックフォーマルを着用して出かける人が増えているそうです。

では、お通夜に出かける際に着用する服装についてですが、男性は、一般的にはブラックスーツ、ダークスーツが基本となります。勤務先から駆けつける場合は、仕事で着用しているスーツでも構いませんが、ネクタイと靴下の色、柄には注意しましょう。ネクタイはできれば黒を、用意できない場合は地味な色合い、柄を選ぶことをおすすめします。靴下は、白や赤、黄色等の派手な色、柄は絶対に避けなければなりません。黒が基本ですが、黒がない場合は紺、もしくは濃いグレーを用意しましょう。

続いて、女性の場合ですが、女性も男性同様、黒、紺、グレーのワンピース、もしくはスーツが基本となります。用意できるのであれば、ブラックフォーマルを着用して出かけましょう。勤務先から駆けつける場合は、スカートスーツの場合はストッキングをベージュ、もしくは黒にします。葬儀に不似合いな大きめのイヤリング、ネックレス、ピアス等、派手な印象を与えるアクセサリーは外しておきましょう。

勤務先で使用している制服のまま駆けつけた際は、ご遺族に対し、仕事先から直接伺いましたので、このような格好で申し訳ありません等の一言を添えて、弔問されることをおすすめします。